• 一日の流れ

    ※週3 プランの場合

    • サークル対話:
      車座になって、誰がいるかの確認や、連絡事項を共有します。また、ゲストトークで第一線で様々な分野で活躍している人に来て話をしたり、皆が作っているゲームやプログラミング、モノ作りや、学習物について、見せあったりします。
       
    • 自立学習
      講師との会話 (メンタリング)を通して、自分の学習を決定し、学んでいく時間です。基本的に、DE-SCHOOL では、自己学習を主体として、学んでいきます。
    • プロジェクト型学習
      机上でなく、何かを作ったり、探求して、何か作品や成果物にまとめるプロジェクト型の学びです。
       
    • LA  (Learning Anywhere: どこでも学ぶ):
      週2- 3回、DE-SCHOOL の場でなく、教室以外 (自宅、図書館、カフェ等)で学びます。
      何か質問などあれば、Skype等ビデオ通話のデバイスにて、DE−SCHOOLにおつなぎすることも可能です。
       
    • イベント:
      天気や、皆の気分に合わせ、流動的に多様なイベントを行います。例えば、いい天気のときは、外の大きな公園でGPSを使った鬼ごっこや、サッカー等、参加したいお子さんに合わせて調整します。
  • サークル対話

    コミュニティの1人として講師が学びを共有

     

    毎朝、多様な講師の専門分野や、

    講師自身が学んでいることを

    共有し、皆の学びのきっかけにします。

     

    社会主義、資本主義、需要と供給、半導体や、導体、不導体、SEOや、MOOCs、プラスチックストローと環境について等など。

     

    現在でも既に多様な話題が共有され、皆の学びのきっかけとなっています。

  • Learning Anywhere

     

    - どこでも学ぶ、世界で学ぶ -

     

    これからの社会構造は、
    今まであった "組織" を前提とした社会構造から、

    "個人の集合体"として、
    様々な個人が多様なプロジェクトを持つ
    社会構造になると言われています。

    このような世界観において、
    いままでの仕事の進め方も大きく変わります。

    学びもまた、同じです。

     

    今までは、学校、という特定の場所でしか
    学びが提供されていませんでしたが、
     

    これからは、
    インターネットやVR/MR デバイスを活用した学びにより、

    どこにいても、学ぶことができる
    世界になります。

    その世界観の中で、
    これからの皆が、世界の資源(図書館、博物館、カフェ他)を活用し、学ぶ。
    その態度を養っていく、新しい学びの形。

     

    それが、Learning Anywhere: LA です。

     


    ※学習中に、ご質問等あればビデオチャットにて、

    DE−SCHOOLとおつなぎすることができます。

    詳細は、お気軽にお尋ねください。